SSブログ

プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角 (1986) USA <Pretty in Pink> [film reviews]

   ジョン・ヒューズ脚本の第4段。今作のジョンは脚本と製作総指揮に落ち着いていて、監督は『恋しくて』のハワード・ドゥイッチ。となると、嫌がおうにも期待が高まりますが・・・。結局、『恋しくて』は超えられないながらも、1つの恋愛ものとしては全然ありでした。3枚目なダッキーがもつピュアなところや、大舞台において気の利いたところをみせるのも、心が温まります。

   3年前に母が蒸発し、無職の父とつつましく暮らすアンディ。同じ高校に通うブレーンが気になるが、御曹司な彼の家とその仲間や自身の貧しさを比べると、積極的になれない。しかしある日、アンディはブレーンからデートを申し込まれて一気に舞い上がってしまう。一方、アンディに片想いする親友のダッキーは、2人がデートすることを知ってアンディとの絶交を宣言する。

   ずっと、今作のポスターは印象に残っていました。ピンクの挿し色がとてもインパクトがあって。だからもっとツッパリなはなしかと思ったら、主役2人も含めてピュアなんですよね。変に大人びた嫌な奴は、ジェームズ・スペイダーだけ。そう、彼も若い頃はこういう作品にも出ていたんだなぁって。顔が妙に完成されてすぎていて、それが高校生っていうのもちょっと変なんだけど。

   「好きな色は?」と聴かれて「ピンク」とこたえる女性は、自分がないんじゃないかと思っていました。けれど、今作のアンディは「自分を信じてくれる人を、わたしは信じる」とキッパリ言える女のコ。ブレーン家との所得格差を気にしながらも、自分を信じて、頑張り、奨学金も獲得します。蒸発した母や無職の父のことは気がかりだけれど、自分がしっかりしなくてはと奮闘します。

   とても好感が持てました。そして、彼女に「自分を信じる」ことのたいせつさに、改めて気づかされた思いです。うまくいかないときに、他人のせいにするほど女々しいこってない。だから彼女は最後に、どんな状況にあってもプロムに行くと決めたんですね。ドレスだって、自分らしさが出せるものを自作して。そんな彼女の強さが、ブレーンとの恋をうまく進めてくれる気がしました。

pretty_in_pink.jpg
自分じゃピンクの服は着れないけれど、ピンクのワイシャツを着た男子は好き

プリティ・イン・ピンク 恋人たちの街角 [DVD]

プリティ・イン・ピンク 恋人たちの街角 [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD

◇監督:ハワード・ドゥイッチ 『大混乱』、『おかしな二人2』
◇出演:モリー・リングウォルド 『この愛に生きて』、『ハネムーンはモンテカルロで』
     アンドリュー・マッカーシー 『セント・エルモス・ファイアー』、『キル・ミー・テンダー』
     ジョン・クライヤー 『恋人ゲーム』、『ホット・ショット』
     ハリー・ディーン・スタントン 『お気に召すまま』、『プレッジ』
     ジェームズ・スペイダー 『放課後』、『ぼくの美しい人だから』

nice!(18)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 18

コメント 2

aneurysm

OMDのイフユーリーブと
リブレットダイの2曲は
この頃の目覚ましソングでした。
(今でもたまに聞きます)

>結局、『恋しくて』は超えられないながらも、

いや~他の青春ドラマであれを超えるラストは
ぱっと思いつきません。
by aneurysm (2010-08-12 19:10) 

クリス

わたしも、他映画で聴いた懐かしい曲を、いくつか耳にしました。
う~ん、ほんと『恋しくて』はよかったなと、これだけジョン・ヒューズ作を観ると、
思わずにはいられませんね。

たしかに、あれを超えるラストを持つ青春映画ってないかも。
あるような気もしながら、結局思い出せませんね。
nice!をありがとうございました。

by クリス (2010-08-13 07:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます